沖縄の青の洞窟でのダイビングは価値観を変えてくれる体験になった

SITEMAP

魚の群れ

ダイビングをする前に準備することとは

イルカ

ダイビングをするにあたって最も必要なものは、健康な体です。海中で安全に過ごすためには、的確な判断と行動ができる必要があります。また、深度が深まるにつれて、山に登った時と同じように耳が詰まる現象が起こります。これを解消する「耳抜き」と呼ばれる作業は、鼻づまりなどがあるとうまくいきづらいです。この作業ができないと、耳が痛むばかりではなく、鼓膜が破れるなどの危険が有りますので、風邪気味の時などは潜水を控える選択が無難です。
また、前日はしっかりと睡眠をとり、お酒や炭酸を控えることをおすすめします。日本ではガイドをつけての潜水が主流ですし、ガイドがいないと潜れないポイントも多く存在します。初めてのポイントでは、ショップに連絡を取り、予約をしましょう。持ち物については、タオル、ウェットスーツの下に着る水着、袋を最低二枚(濡れたもの用&ドライ用)、飲み物(炭酸やアルコールは避ける)、ビーチサンダル(濡れたまま履けるもの)、飴など(合間に簡単に食べられるもの)を持っていくと良いと思います。女性は日焼け止め、化粧水、ヘアゴム、流さないリンスがあると尚良いです。シャワーやレンタルタオル、ドライヤーの有無については予約の際などに確認をしておくとよいでしょう。
普段からダイビングをする方はお持ちの方が多いですが、ログブックと呼ばれる記録できるものがあると、ダイビングの振り返りができて楽しいです。

オススメ記事

TOP