沖縄の青の洞窟でのダイビングは価値観を変えてくれる体験になった

SITEMAP

魚の群れ

注目の記事

沖縄の青の洞窟がある場所とその魅力

エイ

青の洞窟というのは海食洞の一種で、洞窟の狭い入口より太陽の光が差し込むことで海底に反射して水面が青く輝いて見える現象のことを指します。青の洞窟と聞いて真っ先に思い浮かぶのは沖縄の真栄田岬、イタリアのカプリ島などが有名でシュノーケリングやダイビングスポットとして人気があります。
実は他にも青の洞窟があるってご存知ですか?日本だけでも静岡の堂ヶ島洞窟、北海道の小樽、岩手の八戸穴、新潟の小木琴浦、三重の熊野、京都の犬ヶ岬、長崎の白戸の穴洞窟などが挙げられます。これだけあれば自分が住んでいる地域の近くでも青の洞窟を見ることが出来るでしょ。ただ青の洞窟を見る為には天気だったり、時間帯だったり、季節的なモノだったりと様々な条件が合わさってそう見えるという現象なので、いつ行っても必ず見えるわけではないのを理解した上で足を運んで下さい。
シュノーケリングやダイビングをしないという人でも、場所によってはクルージングを楽しむことが出来るスポットもあります。ちなみに沖縄の青の洞窟がオススメの理由は青の洞窟というだけあって本当に青で、まるでライトアップしているみたいに幻想的でキレイな空間です。非日常な世界を満喫出来る癒しのスポットなので一見の価値はあると言うことが出来ます。

沖縄の青の洞窟が何故青いのか

沖縄で人気のダイビングスポットの1つに、「青の洞窟」と呼ばれる場所があります。そこは波の力によって削られた海食洞という洞窟であり、水面が太陽光によって照らされ青く輝いて神秘的に見える事から「青の洞窟」と呼ばれています。もっと具体的に説明しますと、この沖縄の青の洞窟は波の力によって削られたゆえに人は潜らないと入れない洞窟です。太陽光もほとんど沈んだ状態の入り口から少しだけしか入りません。
そんな小さな入り口から入った微量の光が、この洞窟の石灰質の底に当たり、反射して水面を照らし青く光っているのです。時間や日時、その日の気温や環境変化による制限などもなく、日が出ている内はいつでも綺麗に青く見えるのも残念な結果にならずにリスクも少なくて人気がある理由でもあります。沖縄の青の洞窟は最深部で6m、奥行きは35mであり、かなり深くて長いです。入り口はかなり狭いですが、中は広々としており、ちょっとした異空間の様にも感じられます。
更に水がない奥の場所も含めると奥行きはもっと長くなります。生息している生き物も珍しいのが多く、アカマツカサ、オトヒメエビと言った普段決して見る事が出来ないような生き物の生き生きとした姿が見れます。

沖縄の青の洞窟でダイビングの体験してきました

友達と女二人旅、沖縄に旅行に行きました。せっかく夏に沖縄に行くのだからと青の洞窟でダイビング体験もしようということになり予約。ダイビング当日は快晴で海も穏やかで絶好のダイビング日和でした。
最初にインストラクターさんからレクチャーを受け、海の中での酸素の吸い方や簡単なサインの仕方、注意点などを入念に教わります。ある程度慣れてきたらそれほど深くない海の中でダイビングをし、いざ青の洞窟へ向かいました。洞窟に近づくとインストラクターさんが「では今からはオッケーのサインを出すまで決して顔を上げないように」と指示されました。顔を下に向けたまま誘導され、インストラクターさんのサインがあってから顔を上げると、わっ、と声を出すのも忘れるほどの青。ただの青ではなく青に光輝いていました。神秘的な光景に息を飲み、友達と声を掛け合うのも忘れるくらい。でも周りの子たちがはしゃいでるのを見て、私達も声を掛け合いお互いの興奮を伝えあいました。
正直最初はダイビング乗り気ではなかったんです。なぜなら体型がぽっちゃり気味でコンプレックスだったので、ウエットスーツや着替えの時のビキニなどが恥ずかしくて嫌だなと思っていたので。でも参加してして本当によかったと思います。偉大な自然の前には個人のなんてことないコンプレックスなんて、と思いました。沖縄の青の洞窟でのダイビング体験は価値観をちょっと変えてくれる体験になりました。


ダイビング好きの方にぜひともおすすめしたいのが、沖縄にある青の洞窟でのダイビングです。沖縄の海はとても綺麗でダイビングのしがいがあるというものですが、青の洞窟はそのなかでも特筆すべき美しさです。いままでこんな景色を見たことがないという世界が青の洞窟では広がっていますので、ぜひこちらでダイビングをお楽しみいただければと思います。

オススメ記事

TOP